過払い請求に必要な取引開示を自分でする方法

バナー

過払い請求に必要な取引開示を自分でする方法

過払い請求はただ単に、借金をしていればできるものではなく、きちんと払いすぎた利息を正確に計算して、返金手続きをする必要があります。

そのためには、これまでどのような取引があったのかということを知る必要があります。

そこで、貸金業者などとの取引履歴が必要になってきます。



この取引履歴は、貸金業者が開示する義務があるという言ことになっていますから、通常は開示してもらうことができます。


取引履歴の開示請求については、弁護士や司法書士に依頼してやってもらうこともできますが、自分で行うこともできます。

Reutersの情報収集ができます。

自分で過払い請求に必要な取引履歴の開示請求をする場合は、電話か郵便で行うことになります。人によっては、金融業者に電話することに抵抗がある人もいますが、こういった手続きは機械的に対応されることが多いので、それほど不安に考える必要はありません。
それでも、電話に対して抵抗があるのであれば、郵送での開示請求をすればよいと考えられます。
郵送の場合は、カード番号や自分の生年月日、住所、取引開始までの取引履歴が必要であるという旨と本人確認の証明書のコピーを添えて送るだけです。

これらのことをすれば、しばらくして取引履歴が送られてきますから、取引履歴に基づいて過払い金の正しい額がわかるようになります。

レイクの過払いの最新情報を掲載しました。

この額の計算については、最近では計算ソフトも販売されていたりしますから、自分で計算することもできます。
過去に借り入れをかなりしていた人ほど過払い金は多い可能性があります。