過払い金請求訴訟の裁判費用

バナー

過払い金請求訴訟の裁判費用

最近は多くの貸金業者などが、過払い金の請求が行われるようになってきていますから、簡単に貸金業者も請求にそのままには応じないということもあります。

例えば、少し返金額を減らして欲しいといったことを交渉の際にいわれる可能性があります。

このような状態になったら、簡単に認めてしまわずに、訴訟をするようにした方がよいでしょう。


法律的には、完全に超過分の利息を取っていた方が悪いので、裁判になれば勝てる可能性が圧倒的に高くなります。
ただし、過払い金請求の裁判にはある程度の費用がかかってきます。

東京新聞に関する情報が幅広く集まります。

その裁判費用としては、申立て手数料、裁判費用、弁護士や司法書士への依頼料などがあります。



まず、申立て手数料に関しては、裁判所に納める費用で100万円の訴訟で1万円くらいの費用がかかります。

レイクの過払いの口コミ情報をまとめました。

また、その他にも郵便代として6000円程度の費用がかかります。

裁判費用に関しては、敗訴した側が支払うのが原則となっていますが、和解が成立した場合は折半になるので、半分の費用を負担する必要があります。

弁護士や司法書士への依頼にかかる費用としては、弁護士費用の場合は、過払い金が返還された額の20パーセントから30パーセントの金額を費用として支払うことが多いです。


このように、いくらか裁判の費用はかかってきますが、しっかりと過払い金が戻ってくるということを考えれば、決して無駄になる費用ではありません。


また、完全敗訴になることはほとんどありませんから、過払い金が戻ってこないといった事態はありません。