福祉施設の設計や建築をするときに、一般の住宅と同じように考えていると失敗してしまいます。

人々の暮らしや活動、リハビリなどを行う場所なので、家のように快適で居心地がよいことはとても大切ですが、規模と用途、目的が一般住宅とは異なるので、介護や活動のための使いやすさと入居者や利用者の快適性などを両立させることがとても重要なのです。また法律による制度や決まり、自治体からの指示などがあるため、福祉施設の設計や建築を考えている場合には、経験豊富で実績がある業者に依頼することがとても大切です。

特に法律や法令、自治体の指示や補助制度などは、目まぐるしく福祉関連法案が変化していることから、建築実績が過去にあるだけでなく、専門的な知識があり専門的に依頼を受けている事務所を選ぶことがとても重要です。建築が進んでから検査を受けた時に困ることにならないようにしっかりとした知識や情報を持っている業者を見極めることが大切なポイントです。

福祉施設を建築するときには、いくつかの業者の見積りを受けることになりますが、近隣の福祉施設の事例を聞いてみたり、最近建てた福祉施設を聞いてみて実際に見学してみるとイメージがわきます。施設は一般住宅と違いモデルハウスや建売がないので、すでに立っている施設を見学させてもらうことをおすすめします。イメージに合う施設があったら、どこの業者に依頼したか聞いてみることもおすすめです。見積もりを依頼する業者を選ぶ前に下調べをすることでスムーズに進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *