福祉施設というものは、お年寄りや体の不自由な方たちが入居する施設となっているので、バリアフリーやユニバーサルデザインに気を付けて建築しなければいけません。

バリアフリーは、段差などを極力減らしスロープや手すりなどの設置をすることです。なのでバリアフリーは、主に入居者のためにしなければいけないことです。ユニバーサルデザインは、すべての人が使い易いモノづくりというようなものなのでこちらには、入居者の他に職員なども含まれています。福祉施設の建築をする際に気をつけることというと一般的にバリアフリーの方つまり入居者のことばかりを考えがちになってしまうのですがそこで働く職員の人たちも使い易い施設づくりを目指してユニバーサルデザインも積極的に取り入れていくことをしなければいけません。

福祉施設の建築時によく考えられた施設づくりをすることが出来たのならば、長く施設を使っていくことが出来るのではないでしょうか。そうすることによってもし経営がうまくいかなくなったとしても賃貸で他の業者に施設を貸し出したり又は、売りに出すときの価値が上がると考えられます。福祉施設を建築する上でどの場所にユニバーサルデザインを取り入れればよいかというと分かりやすい施設づくりということに気を付けて建築することが大切です。これはどういうことかというと施設の備品等が一目で見て何が不足しているかというような事が分かるような施設づくりです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *