介護サービスや福祉サービスを提供する事業所を立ち上げるときに、福祉施設をすることになりますが、たくさんの人が使いやすく、居心地の良い空間にするためには、福祉施設の建築実績が多く経験豊富な業者に依頼することがおすすめです。

体の不自由な方や高齢者、ハンディキャップがある方などが集う施設なので、バリアフリーはもちろんですが専用の設備や間取り、動線などの工夫が必要です。利用する予定の方を想定したきめ細やかな建築をすることが居心地を左右する重要な要素になるので、業者選びはとても重要です。福祉施設の建築をする前に、複数の業者に依頼することがおすすめです。

大きな費用が掛かるので値段が安くて、充実した施設を作ることができる業者を選ぶためには、いくつかの建築会社と打ち合わせをして同じ条件で見積もりをしてもらうことで費用を比較することができます。条件が変わってしまうと、金額が変わってしまうので同じ条件の見積りをとることが上手に比較をするためのポイントです。

見積りがでたら、費用の安さで決めたくなりますが、費用対効果を意識して選ぶことをおすすめします。特に後から直すと費用が高くなりがちな間取りや設備、基礎や骨組みなどの部分、メンテナンスが必要になる屋根や外壁などはしっかりと確認して、耐用年数なども確かめてから見積もりを比較するようにしましょう。使いやすい構造になっているかどうかなどが気になる場合には見積もりが出た時点で質問してみることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *