いわゆる老人ホームの建築では様々な法令に則って確認や許可などが行われる仕組みです。

老人福祉法、介護保険法などを始めとしてその他にも色々なルールの上で事業の展開の運びとなります。開業をする前には必ずこうした諸法令の基準をクリアしなければなりませんが、役所の担当部署が異なるためにその都度において確認が必要なことに注意が必要です。

そもそも老人ホームの建築を行う前にその種類の確認が大事で、場合によってはその種類によってはそもそも認められないケースがあります。また建物の設計図などを行政機関にて審査してもらいますが、この段階でも基準を満たさなければ変更を指示されることも多いです。

あるいは変更せずに諦めてしまうこともあり得ますが、一般的にはまずは相談の上でその上で一つ一つクリアしながら前に進めていくイメージとなります。色々な種類がある中でいずれのものを建てるのかを考えていきますが、その老人ホームの種類がその地域で建築できるものかどうかを最初に確認します。

介護保険法でいうところの地域密着型サービスの場合、そもそも行政が定める計画上必要が無いとして認められないケースもあるため、事前のリサーチは欠かせないです。色々な法令が絡み合って事業を進めなければならないために時間がかかります。またその間で計画の変更を余儀なくされる場合もあるので、調整や確認がその都度必要になる点には注意が必要ですし、生半可な気持ちでは事業開業は出来ないものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *