超高齢化社会に突入した日本においては、各世代の総人口における高齢者の割合が年々増え続けています。

高齢者の人口割合が増えると同時に、心身機能の低下によって介護が必要な高齢者の割合も増え続けています。特に近年は様々な原因による認知症を発症した高齢者も存在しており、身体に不自由は無いにもかかわらず日常生活に見守りや介助が必要な高齢者も増加傾向にあるのです。

超高齢化社会における日本においては、身体機能の低下や認知症の発生によって在宅生活が困難になっている高齢者も少なくありません。平成12年4月に施行された介護保険法のもとで老人ホームや様々な介護施設の建築は増えており、在宅生活が困難になっても老人ホームで24時間安心して生活が出来る環境が作られてきました。

老人ホームの建築において求められている環境はどのようなものなのでしょうか。施設の種類によっても建築の方法は変わりますが、近年介護に必要な環境としては家庭的な雰囲気の中で生活を送ることが出来るユニットケアの重要性が謳われています。

特に認知症がある高齢者は環境の変化や大人数の中での生活や行動を苦手とする人も多く、少人数の入居者とスタッフの環境でなじんでいくことも大切なのです。老人ホームに関しても開設する入居者数の指定によってその規模は変わってきますが、各階毎にユニット化された環境を作り出したり、同じフロアでもエリア事にユニット化できる環境を作り出したりとそのスペースの使い方には工夫が必要です。限られた空間しか無いからこそ、設計や建築での工夫が求められるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *