現代社会における日本においては少子高齢化の進行や貧困層の拡大、待機児童やワーキングプアなど様々な社会問題が蓄積されています。

その中でも超高齢社会に突入して総人口の4人に1人は65歳以上の高齢者である社会状況の中で、高齢者の介護問題はもはや誰しもが抱える可能性がある大きな問題になっているのです。年を重ねて行くと心身機能の低下はやむを得ないことで有り、日常生活に何かしらの支援が必要になる人もたくさんいます。

核家族化が進み独居高齢者も多い現状や、働きざかり世代の子ども達が同居してその世話を行う事が困難な場合も多く、在宅生活の継続が困難になって悩みを抱えている人も少なくないのです。老人ホームはこのような人々にとって高く求められている存在で有り、平成12年4月に施行された介護保険法に基づいて老人ホームの建設も増え続けているのです。

需要の高さからも年々増えている老人ホームの建設ではありますが、選ばれるホームになる為には、安心して安全に、なおかつ快適に生活できる環境であるかどうかが求められています。老人ホームの設計や建設を行う際には、単に人が住み心地が良い環境を作り出すだけでは足りません。介護が必要な高齢者にとっては、例え支援が必要であっても一人一人の尊厳が守られている環境である事が大切です。

さらに重要視される事は入居者の安全性で有り、プライバシーが守られながらも見守りが出来やすい環境である事も欠かせないのです。これらのことから考えても、手すりの位置や水回りの環境、ナースコールの設置場所やスタッフルームと共有空間の位置など全てのポイントにおいては現場で働いているケアスタッフの意見は非常に貴重です。現場の意見を取り入れることが、安全で利用者が生活しやすい環境にも繋がっていくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *