日本は世界の中でもトップクラスの長寿国であります。

医療技術の発達や生活水準の向上などにより、病気や怪我をしても進化し続けている医療技術の提供を受ける事で、大病をしたり年を重ねても病気や怪我からの克服できる可能性が高くなってきているのです。

とはいえ現代社会においては高齢者の生きがいや生涯現役として働ける環境、平均寿命と健康寿命の差を少しでも無くしていくことなど様々なことに関して取り組んでいかなけらばならないことが山積みなのです。

このような社会状況の中で、日本では介護が必要になった高齢者を社会的にサポートしていく制度として平成12年4月に介護保険法が施行されました。この法律の施行によって介護業界に民間の企業が参入することが可能になり、大手企業やゼネコン関係の企業が老人ホームの建設や運営に乗り出すケースも増えていったのです。

老人ホームの建設を行う際に、ゼネコン関係の企業は自社のノウハウを活かして立派な建物を建てることが可能です。しかしながら、老人ホームは介護が必要な高齢者が日常生活を行う場所であり、排泄や入浴、食事やリハビリなどの介助を受ける環境でもあります。

だからこそ、老人ホームを建設する時にはそこで介護を受けながら生活をする高齢者自身と、その生活を最前線で支えているケアスタッフにとって快適に過ごせる環境である事が一番大切なのです。例えばトイレのナースコールの位置や手すりの一つにしてもどこに設置するかによって日々の生活や安全性は大きく変わります。

介護が必要であってもプライバシーに配慮されていることも大切であり、見守りが出来る安全性も同時に兼ね備えてなければなりません。そのような建物や空間を実現する為には高齢者やケアスタッフの視点は設計段階から欠かしてはいけない重要な要素なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *