長寿大国の日本においては、誰しもが介護問題に直面する可能性を持っています。

超高齢社会に突入したこの国では総人口に占める65歳以上の高齢者は4人に1人以上になっており、核家族化により高齢者の単独世帯も増えています。健康に過ごしていたとしても、ちょっとした体調不良や怪我が原因で長期入院を余儀なくされる場合もあるのです。

高齢者にとって長期入院は心身機能の低下を進めてしまう大きな要因にもなります。治療が終了して退院できる状況になっても、介護が必要な状況になれば在宅生活の継続が困難になってしまう場合も少なくないのです。親の介護のために働き盛り世代の子ども達が仕事を辞めざるを得ない状況に陥る問題は近年注目を集めています。

介護が必要な高齢者が24時間体制でケアを受けられる老人ホームは、在宅生活が困難になった要介護者や家族にとって貴重な存在になっているのです。平成12年4月に施行された介護保険法によって老人ホームの建設はますます増えています。利用者に選ばれる老人ホームの建設を行う為には、他のホームと差別化が出来る特徴を持たせた設計や建設を行う事がポイントになります。

高級感に特化したホームを特徴とするのであれば、一流ホテルの様な環境を目指した居室やリビング、レストランのような食堂、その外観から入り口、共用スペースまで細部にもこだわりを持った設計や建設を行う事が大切です。

低価格を特徴としたホームであれば、介護保険法に規定されている様々な基準をクリアした上で、余計なコストをかけずに清潔感や閉塞感を感じないような作りにすることも大切です。日々の生活を支援していくソフト面のサービスの充実は一番肝心ですが、安心で快適な環境で生活をするためにはハード面の工夫も必要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *