介護施設の種類と言うと、大まかには入居系の施設と通所系の施設に分類することができます。

入居系とは、利用者がその施設内で生活をする施設のことで、たとえば特別養護老人ホームや介護老人保健施設などが一例としては挙げられます。通所系は、自宅など、その人が生活している拠点から通う施設のことで、デイサービスがこれに該当します。そして更にここから、どのような人が入居するのか、対象はどのような人なのかと言う点によっても分類することができます。

まずひとつは、自立度が著しく低いため、日常の大部分において介護を必要としている人が対象である施設です。それから、ある程度、自立が可能で、補助的な介護を必要としている人が対象である施設で、最後は完全に自立している人が対象の施設です。まず自立度が低く、大部分において介護を必要としている人に関してですが、こうした人は、要介護度が高いのが一般的です。そのため通所系よりは入居系の介護施設を利用することが多くなります。

また入居系でも要介護度が低い人、中度の人を対象にしている施設よりは、特養のように要介護度3以上の人を対象にしているような施設を利用する傾向にあります。次に補助的な介護を必要としている人ですが、このような人は通所系の介護施設の利用で状態の維持、改善をはかることが期待できます。

また入居系でも、外部の介護サービスを利用することで、必要な部分にだけ介護を受けると言うことが可能です。完全に自立している人の場合は、そもそも介護施設を利用しなくても良いと言うことも考えられます。ただ安全性に配慮された住宅で、安心して生活をしたいと言う場合には、健康型有料老人ホームの利用が検討対象です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *