デイサービスなどの通所系施設、特別養護老人ホームな登勢の入居系施設が、介護施設としては挙げられます。

このような介護施設を利用するためには、そのための条件をクリアしていくことが必要です。ただし民間の企業が運営している高級老人ホームなどの介護施設の場合は、この条件をクリアしていなくても可能と言うことも多いです。その条件の内容ですが、これはひとつは介護保険の被保険者であると言う点です。日本において公的介護保険の被保険者と言うのは40歳以上に該当します。そして40~64歳の人に関しては、特定の16の疾病を原因として支援や介護を要する状態になった場合に限り、介護施設の利用が可能と言うふうに定められています。

65歳以上の人に関しては、介護が必要になった原因は問われていません。次に介護保険の被保険者は、要支援認定や要介護認定を受ける必要があると言うのも条件です。この認定は、役場の福祉課、高齢福祉課などに申請をするところからスタートします。そして然るべき審査を受けていくと、最終的にその人がどれくらいの支援や介護を必要としているかと言うことが数値によって明示されます。

そうすると、ケアマネージャーによって必要な介護サービスの種類や頻度などが計画され、それをクリアしていく中で必要性があると認められた場合には、介護施設の利用がスタートできるようになると言う流れです。ちなみにその費用に関しては、介護保険による補助を受けることができます。高級老人ホームなどで、こうした条件をクリアする必要がない場合は、誰でも利用することができると言うメリットがある代わりに、発生した費用は全額、自己負担であると言うデメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *