介護保険による審査を受けて要介護認定や要支援認定を受けた場合には、介護施設の利用が可能となります。

通所系や入居系など、介護施設には様々な種類があるので、それらを必要に応じて利用することは本人にとっては勿論のこと、家族などにとっても良い影響が期待できます。ただし介護が必要になったからと言って、必ずしも介護施設を利用しなければならないのかと言うと、そんなことは決してありません。そもそも介護保険の補助を受けることができる介護サービスの中には、施設を利用するだけでなく、ホームヘルパーの訪問を受けて、必要なサービスの提供を受けると言うものもあります。

介護度が低い人や、家族による十分な介護を受けることが可能である人、また住み慣れた場所での生活を強く希望している人などは、こうした訪問介護を利用するのもひとつの方法です。介護施設は、介護のプロによるサービスを受けることができる、とても便利なものです。ただ一方で、たとえば認知症の人の場合、住み慣れた自宅などから施設に入居する、その環境の変化によって症状が悪化する恐れがあることも指摘されています。

またその人によっては、施設が合わない、他の入居者や職員とのソリが合わないと言うのもじゅうぶんにあり得ることで、そのような場合に施設を利用し続けるのは、あまり良くないことだとも言えます。ですから介護施設の利用は絶対だと言う考えは一端、脇に置いておき、まずは要介護認定などを受けた人の希望を聞き出し、それを重視することが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *