少子高齢化時代では、介護施設の選び方を学んでおくことは失敗がなく、充実した老後のために大切なことです。

パンフレットや資料を見て、情報を集め、介護施設の種類や契約などの事務的な手続きなども他の老人ホームと比較する場合にはポイントになります。見学や体験入居などを実施している場合もあり、さまざまなサービスを提供しています。体験入居は雰囲気が分かり、自分に合っているかを知ることができます。少子高齢化や核家族化、家族がそれぞれ遠距離に住んでいる場合の親の介護施設を探し、入居する場合もだれかに相談しなければなりません。

親の気持ちを大切にして、費用等を考慮して、介護施設を探すことになります。その場合の身元保証人をだれがなるかは重要なことです。身元保証人は金銭的な補償をしたり、体調が急変した時、介護サービスの手配や医療措置への同意などが必要になってくると、手続きをしなければなりません。死亡した場合は、遺体の引き取りや遺品となった物を整理する仕事があります。介護施設と契約をする場合は、契約内容をしっかり確認するようにします。

契約には、2種類あります。利用権方式と賃貸借方式です。利用権方式は、入居一時金を支払って、施設の居住部分と共用スペースを終身において利用する権利を購入する方式です。賃貸借方式はアパートの賃貸契約と同じ方式です。後々トラブルにならないためにも、その費用や方式の違いを理解して入居する事が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *