介護施設の中には、心身の状態が変化したり、要支援度や要介護度に変化があった場合には、別の介護施設への移転をお願いされるものもあります。

これを個別のケースで見ていきます。たとえば認知症の方を受け入れる専門の介護施設であるグループホームの場合です。グループホームは、認知症の方が住み慣れた地域で生活し続けること、スタッフの手を借りながらも自立して生活することを目的としています。そのため医療ケアを行う看護師の配置は、原則、なくても良いと言うことになっています。

よってもし、認知症の症状が悪化して寝たきりになってしまったり、専門的な医療ケアが必要になった場合は、別の施設への移転をお願いされることがあります。具体的には認知症の方を受け入れている特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなどが考えられます。

それから介護老人保健施設の場合です。この施設は入居系施設でありながら、あくまでも在宅復帰をいちばんの目標としている施設でもあります。そのため入居期間は限定されていますし、リハビリなどで状態の改善が見られた場合は、在宅復帰をするのが原則です。またリハビリでは対処できない、医療ケアや療養が必要になった場合には、別施設への移動が必要になります。

具体的には特養や、より医学的管理下でのケアに特化している介護療養型医療施設などが挙げられます。どれくらいの変化で移転をお願いされるかは、介護施設により様々です。状態が維持、改善されることがいちばん望ましいことですが、悪くなってしまうと言う可能性もゼロではないわけですから、その時に備えて、事前に確認しておくことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *