現在の日本は高齢者人口がとても多い超高齢社会と呼ばれる状況です。

そのぶん様々な会社が経営する高齢者向けの介護サービスもとても多くなっています。現在は治療の必要のない人を長く入院させないように、と療養型の病院と呼ばれた病院もなくなりつつあります。そして国としては住み慣れた地域での在宅での生活を送る事に力を入れています。

ただ、常に介護が必要な状態になったり様々な事情で介護施設に入所する事になる方も多いです。介護施設と一言で言ってもその種類は様々なものがあります。費用が安い事から人気が高く入所待ちになる事が多いのが特別養護老人ホームです。介護付有料老人ホームの中には高級老人ホームと言われるような高い料金の変わりに質の高いサービスを売りにしている所もあります。

介護施設の中でも介護付有料老人ホームは介護が必要になる前から入所する事ができるのが特徴です。施設への入所を考える場合、事前によく調べてから決める事が大切です。特に元気なうちに入所する場合はその先何年も生活する事になります。有料老人ホームは入所時に一時金の支払いが必要な施設も多くありますが、施設が自分に合わないと感じて他の施設へ移ろうと考えても一時金がほとんど還ってこないという事も多いです。

失敗しない為には施設を選ぶ際のポイントとして自分と同じようなADLの入所者が多い所を選ぶのがお薦めです。寝たきりの方ばかりの施設に元気で歩ける方が入所しても生活を楽しむ事ができない場合が多いからです。金額や施設の設備はもちろん大切ですが、そういった事にも目を向けて選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *