超高齢化社会が進んでいく日本において、高齢者の介護問題はもはや誰にとっても対岸の火事ではありません。

健康に気を遣って生活をしていたとしても、歳を重ねてくれば身体機能の低下はやむを得ません。ちょっとした段差に躓いて転倒した際に骨折して寝たきりになってしまう高齢者も少なくありません。風邪を引いただけで、体力や免疫力が低下して肺炎などを引き起こして入院してしまう場合もあります。

いずれにせよ、元気で生活をしているとしても介護が急に必要になる状態は起こり得ると言っても過言ではないのです。核家族化や高齢者の単独世帯が増えている日本社会においては、家族で高齢者の介護を賄うことは困難な場合が少なくありません。平成12年4月に施行された介護保険制度では、介護施設やその他たくさんの介護サービスを保険制度として利用できるようになりました。

介護施設においては、心身が介護が必要な状態になったり、重度化しても日常生活における介護を安心して利用できる入所施設としてそのニーズは高まっています。在宅生活の継続が困難な状況になって、介護施設に入所したい希望者はたくさんいます。

特別養護老人ホームなどは収入に合わせて経済的な負担も軽減される仕組みになっており、利用しやすいこともありたくさんの入所希望者が待機している状況でもあります。その為に介護施設に入所できるだけで喜ばれる場合が少なくありません。在宅生活が困難な高齢者にとって、24時間介護支援を受けられる施設に入所できることは安心感が増し喜ばしいことでしょう。

しかしながら、これからの介護施設に求められることは、入所希望者の受け入れだけではありません。入所後に始まる生活の質を高めることが一番求められていることです。介護支援は勿論のこと、遣り甲斐や生き甲斐を見つけられる支援や意欲を引き出すリハビリなど求められることはたくさんあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *