介護施設を利用する際には、一般的には介護保険による要支援認定、要介護認定を受ける必要があります。

これは、その人がどんな介護サービスを、どの程度の頻度で必要としているかを数値化したものです。たとえば入居系介護施設のひとつである特別養護老人ホームは、要介護認定3以上の人でなければ入居することはできないと定められています。要介護認定3以上と言うのは、生活の大部分に、高い頻度で介護を必要とすると言う認定ですから、介護度としては高いと言うことができます。

一方で介護施設の中には、要介護認定以前の、介護を必要とせず部分的な支援だけを必要とすることを示している要支援認定を受けた人、あるいはそれも受けていない、きわめて自立度が高い人を対象にしている施設もあります。たとえば健康型有料老人ホームや、そうした人を対象にしている住宅型有料老人ホームが、その一例としては挙げられます。これらの介護施設は、バリアフリーが施された住宅、つまり安心して生活ができる場所の提供を第一しており、介護サービスの提供は行われていない、または外部サービスを利用すると言うのが基本となっています。

たとえば心身は元気だけれど一人暮らしで、何かあった時に頼れる人がいない人や、夫婦は共に元気だが、今、生活している住宅に不便さや危なさを感じていると言う人などが入居するのが、このような介護施設に該当します。ある程度の見守りを受けながら、安全性に配慮された住宅で生活をするので、より自分らしいシニアライフを楽しむことが期待できます。

ただしこうした施設は、要支援認定から要介護認定に変わった場合や、病気などで心身の状態に変化が訪れた場合は、退去や別の施設への移転を命じられることもあるので、その点には注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *