児童福祉施設の建設において、その計画を立案した際に周辺地域の住民から大きな反対を受ける事は少なくありません。

社会的に意義のある非常に重要な施設として多くの期待を集める反面、周囲の住民にとっては現場の生活に対する影響を心配する人も多く、さらに様々な社会的影響も無視できないことから反対をする住民が多い傾向にあります。児童福祉施設に入居する児童の多くは社会的な問題を抱えて入居するケースが少なくありません。

この場合本来は周辺地域の住民は十分にこれらの意義に賛同し協力をすることが非常に望ましいものですが、そのために自分自身の生活を犠牲にすることを問題視する人も多く、その賛同を得られないケースが多いのです、さらに住民の多くは自らの子供に対する影響を懸念する人もおり、これらの様々な問題が反対の理由として現実的に存在します。

そのため児童福祉施設を建設するにあたっては、地域住民の理解を求めるための活動をしっかりと行うとともに、周辺住民に対して効果的な協力を受けることができる体制を整えることが重要となるのです、児童福祉施設の存在意義は社会的に非常に大きく、設立を行う側は意義に対して貢献していると言う意識から半ば強制的に建設に至ってしまうことも少なくありません。

しかしトラブルを未然に防ぐためには建設を行う前に充分に地元の住民の賛同を得て理解を深めることが重要です。そのための活動をしっかりと行うことが円満な施設の運用につながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *