少子高齢化に伴い介護や福祉に大きな注目を集めている昨今、新規事業として介護事業に参入する企業だけではなく個人住宅でもリフォームを実施して小規模な介護施設やグループホームなどを運営するケースが増加する傾向にあります。

そんな中で大手建築会社でも介護、福祉施設向けの相談窓口を開設し、公式ホームページでは専門のコンテンツを公開するなど業界全体としても時代の流れに合わせて大きな変化を見せています。

これまで建築全般を手がけてきた事業者が一般の住宅建築で培ってきた耐火性や耐震性に加えて断熱や防音をはじめとする優れた技術と、見るものに安らぎを与える木の温もりを感じさせるデザイン性は福祉施設の建築の分野にも活かされています。

そこへさらに最先端のバリアフリー設計やユニバーサルデザインが加わる事により入居者に快適な暮らしを実現する居住空間を提供するのはもちろんのこと、大切な人を預ける立場となるご家族に対しても安心安全を与えるものとなりました。

いくつかの介護や福祉施設を手がける建築会社では設計から施行まで一般住宅同様にそれぞれのニーズに合わせてプランが立てられるのはもちろんのこと、施行が完了した後で実際に介護、福祉事業をオープンしてから軌道に乗るまでの事業計画の企画や立案と言ったスタートアップの支援から、事業展開後のアドバイスまで介護、福祉事業をトータルにサポートする体制を備えているサービスも用意されており、社会や地域へ大きな貢献を果たしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *