少子化により高齢化社会に日本はなりつつあります。

そのため、多くのお年寄りが安心して過ごせるように福祉施設の充実が現在急務となっているのが現状です。もしも、これから福祉施設を建築しようと思っているオーナーの方がいたら通常の建築とは異なったアプローチが必要となりますので事前によく調べておくことをおすすめします。

福祉施設といってもさまざまなものがあります。例えば、先程申し上げたような介護サービスを提供する老人福祉施設や子供のお世話をする児童福祉施設等です。どの施設を作るにしても共通する問題があります。それは一般住宅との違いです。

普通、住宅を建てる場合は交通の便がよかったり買い物がしやすかったりすることが重要になります。しかし、こういった施設の場合はこれらが一番優先するべき問題ではありません。一番優先するべきなのは立地の広さと目の前の道路の広さです。

まず、なぜ広さが重要視されるのかというと車椅子がきちんと通れる幅を用意しておく必要があるからです。お部屋はもちろんのこと通路も車椅子が通るためにはそれなりの広さが必要です。

その他にも、バリアフリー仕様のスロープやトイレを用意するとなると普通よりも敷地が必要となります。目の前の通路の広さがなぜ必要なのかというとお迎えの車が停車できるスペースが必要だからです。

デイケアの人もいますから家族の方が気軽にお迎えに来られるような道幅が必要というわけです。このように、施設の建築には気を付けなければならない点が数多くあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *