もしも、自分の土地をお持ちの方がいたらそのままにしておくのはもったいないです。

ぜひ、福祉施設を建築しましょう。福祉施設を建築することで安定した収入を得ることが出来ます。なぜ、利益を得るためにこのような施設を建てることがベストなのかというと需要がかなりあるからです。

現在、日本は高齢化社会に突入しています。これからも高齢者の数は年々増え続けて、その人達を介護するための施設が足りなくなる時代になります。そのため、福祉施設というのはこれからどんどん需要が増加していくわけです。経営自体は事業主の方に任せておけば問題ありません。

自分は建物を貸すだけなのでリスクを最小限に抑えることが出来ます。また、一般的に求められる立地が必ずしも必要ではないというところも魅力です。普通は交通の便が良くて比較的都心に近いところがいいとされていますが、福祉施設の場合はむしろ郊外のほうが都合がいい場合が多いです。

広い敷地を確保しやすいですし、なによりも人通りが多いと家族のお迎えがしにくくなってしまうからです。ですので、今まで他の用途では役に立たない土地でも福祉施設なら役に立つ場合が多いです。

また、施設の建築には国から補助金が出る可能性がありますから、全て自費で賄わなくていいというところも大きな魅力となっています。これからも社会的弱者はどんどん増え続けます。そのような人達を助けると言う意味でも施設を建築してみるというのはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *