福祉施設の建築に一番大切なことは、利用者が使いやすく利便性が高いことなども重要なのですが、施設で働いている職員が利用者をサポートしやすいことも極めて重要です。

利用者が使いやすい施設とは、日常生活の動線が短く、生活を送る上で怪我などをするリスクが少ないということです。また、職員が働きやすい施設とは、食事をすぐに運ぶことができる点やお風呂や洗濯などもすぐに利用者をサポートすることができるという点でしょう。

福祉施設は外部からの太陽光などがふんだんに入るようにすることと、風の通りがよいことなどもとても重要です。太陽光がたくさん入ると日照時間帯は証明の費用を削減することができ、風通りがよいと、適度な換気が短時間で行うことができるようになったり、感染症などのリスクを低下することができます。

利用者の個室なども同じ家具や建具などを使えばコストを抑えることも可能であることから、多くの福祉施設で建築されているのですが、個性を求める利用者も多いことから、壁のクロスなどもオリジナル性を活かすことがとても大切になります。

個室はオリジナル性を活かしていることが重要ですが、共有スペースなどは広くみんなで体を動かして簡単な運動をすることができたり、みんなで話し合うスペースなどが重要になります。

このような共有スペースを利用する利用者を職員がサポートしやすいような平面設計に建築することで、少ないスタッフでも多くの利用者をサポートできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *