日本は世界を牽引している先進国であり、治安の良さや生活水準の高さなどからも住みやすい国であるとも考えられています。

とはいえ、現代社会においては少子高齢化や待機児童問題、貧困層の拡大など様々な問題を抱えている現状もあります。社会状況や家族形態の変化により、高齢者の孤独死や孤立化、子どもの虐待や女性へのDV問題など、その状況を変えていかなければならない厳しい現状も色々あるのです。

このような問題を改善していくためにも、介護保険法や児童福祉法、障害者自立支援法などの福祉制度によって様々な支援が社会の仕組みとして構築されています。社会情勢などの変化に対応するために新しいサービス体型を創設したり、制度の改正なども行われています。高齢者や児童やその親、障がい者への支援を行うために福祉施設の建設は行われているのです。

福祉施設は使用する目的や支援する対象者によって様々な種類の施設が建設されています。福祉施設の建設を行う際にはそれぞれの法律に基づいた基準や規定が定められておりその基準をクリアする必要があります。

それと同時に大切な事としては、建設される場所の近隣住民や地域の人々にその福祉施設を理解して貰う事であり、その理解度が開設後の運営に大きく影響してくるのです。地域住民や近隣の人々と事業語の開設後に実際に関わっていくのはそこで働くスタッフや実際の利用者になります。

とはいえ、新しい事業所が出来る時には周囲の住民はどのような施設ができるのか不安に感じているものです。施工前に近隣住民への説明会や案内会をしっかりと行い、建設中にも良好な関係性を作ることで良い印象を与えることが出来るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *