日本は世界を牽引する先進国で有り、治安の良さや生活水準の高さでも知られています。

医療保険制度の充実によって、怪我や病気になれば一部の自己負担金によって医療機関で診察を受けることも出来ます。社会保障や福祉制度も充実していると言われています。とはいえ、少子高齢化や貧困層の拡大、待機児童問題に親や保護者による児童虐待など様々な社会問題は山積みになっており、それらの社会問題に取り組んでいくための福祉制度や社会保障の改善が求められているのです。

介護保険法や児童福祉法、障害者自立支援法などによって、支援が必要な人々を支える様々なサービスが提供されています。福祉施設の建設はそれぞれの法律に基づいて行われていきますが、福祉施設の建設を行う際にはそれぞれの法律で取り決められている様々な基準をクリアする必要があります。

福祉施設を利用する人々の尊厳やプライバシー、人としての生活の質が保たれるためには、ソフト面のサービスの内容だけで無くハード面として建設を行う際の基準もしっかりと取り決められているのです。福祉施設の建設を行う際はそれらの基準を最低限クリアする必要がありますが、近年は特にその安全性への注目が高くなっています。

昨今は全国各地で地震が頻発しており耐震構造がどの程度配慮されているかは施設の種類にかかわらずに求められているポイントです。火災で逃げ遅れたりする痛ましい事故などがニュースで注目されたことも有り、防火設備の充実や避難経路への配慮や工夫なども確認されます。日常生活を快適に出来る環境作りももちろん大切ですが。火事や地震、その他の自然災害にも対応した安全性の強化が強く求められる時代になっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *